ベルリンのおいしい料理


ドイツの料理と言えば、日本人のイメージの中には「パリっとしたソーセージとビール」が多くを占めているのではないでしょうか。 地域によって、個性的な地域色のでているソーセージがたくさんあるので、どうしてもソーセージのイメージはぬぐえません。 だって、フランクフルトと言えば、日本でもなじみ深いフランクフルトソーセージの発祥の地ですし、バイエルンなんて日本では、 ソーセージの商品名になっているほど有名です。調べてみるとドイツ全体で、製法や材料の違いで何と1500種類ものソーセージが存在するんだそうです。

やっぱりドイツ、ベルリンに行ってもソーセージを食べることは外せなさそうです。 実は、ベルリンにもベルリンらしさを出しているソーセージが存在します。それはカレーソーセージ。 カレー味のソーセージではなく、ケチャップなどと一緒にカレー粉を上からかけて食べるソーセージなんだそうです。
カレーソーセージ、何と驚くことに博物館まである程、ベルリンでは有名な食べ物なんだそうです。 手軽に楽しめるカレーソーセージ。ベルリンに行った際、屋台でも購入できるようなので、一度は口にしたいものですね。

ソーセージ以外で有名なベルリン料理は、長時間香味野菜と香辛料で牛のすね肉を煮込んで作るアイスバイン。マスタードをつけて食べるのが王道の食べ方の様です。