Berlin Tourist Guide Webとは

ドイツベルリンのツアーや観光に関する情報を紹介していきます。

ドイツの首都ベルリン。空や陸の交通機関の中枢で観光地でもあります。公共交通機関のシステムが発達していて、 時間制発券システムを取っており、時間以内なら何度でも公共交通機関を乗り降りできます。 近距離移動を何度もする場合、すぐに元が取れてしまう値段設定になっていて、観光には最適なシステムです。
日本からベルリンへの旅行を考える場合、直行便がないことは知っておくべきです。 ドイツのフランクフルトからの乗継や近隣諸国からの乗継便を利用してベルリンに入る事が必要ですが、 せっかくですから近隣諸国も観光してからベルリンに到着する行程を組むのも文化や食事の比較ができて楽しそうです。

ベルリン観光で見ておきたいのは、ブランデンブルグ門。ドイツが東西に分かれている時は、すぐ横にベルリンの壁があり、 文壇の象徴とされていました。そもそもブランデンブルグ門は、ベルリンが城郭都市だった時に築かれた門で、かつては18存在していた門も、いまではブランデンブルグ門1つになっています。

博物館を見て回りたい。そんな人には、1日を費やし博物館めぐりを堪能することのできる、博物館の島がお勧め。
19~20世紀にシュプレー川の中洲に5つもの博物館が建てられ、博物館の島と呼ばれているそうです。5つもの博物館があれば、確かに見て回るには1日費やしそうだと思いませんか?
バスに乗って博物館へ自分の足で向かうのもよし、現地で博物館が組み込まれたツアーを探して向かうのもよし、 土日には古物市も開かれておりベルリンの生活を垣間見ることのできる自分へのお土産を買うにも、適した観光地です。


ベルリンには他にも大聖堂や連邦議会議事堂など見どころがたくさんあります。

おすすめリンク